明日もいつも通りに  

ckana.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

サムライブルー2006

ちょっと更新が遅かったですが。

最近のJリーグには関心の無い私でも
さすがに W杯には萌えます!・・・じゃなかった、燃えます!!

日本戦は3試合ともLIVEで観戦。
対ブラジル戦だって徹夜して見ました。
家族はとうに寝静まっている中、大騒ぎです<たった一人で。

「行け~~っ!!」

「ニッポン!!ニッポン!!」


日本が先制ゴールを決めたときは・・・
ちょっと夢を見せてもらいました。
ロナウドのヘッドが決まるまでの12分間、とても幸せだった。

結果は残念だったけど、何と言っても選手たちの無念の表情には
もらい泣きでした。

サムライたち、お疲れ!

それにしても!
試合直後のインタビュー。
あれってムカついたのは私だけなの??
あんな聞き方ってあるかーい!!
インタビュアー、デリカシー無さすぎじゃないの?


それはさておき、ブラジルにはため息モンでした。
ロナウジーニョはやっぱり、ね。
すごい。

これからは落ち着いて決勝ト-ナメントを楽しませてもらいましょう。

イングランド と ブラジル を応援してますが
この両チームで優勝争いになったら???

やっぱりイングランドかな。
誰がなんと言おうと、ベッカム様は特別なんです!
トッティとかメッシとか、私にはどぉーでもいいのだ。


さてさて。熱くなりすぎました。
話題を変えて。
我が家のサムライ(笑

今日、ヘンな質問をされた。


「ねぇ、リンカーンってなに?」 

「(TV番組のこと言ってるのかな?と思いつつ)
 リンカーンってのはさ、昔のアメリカ大統領だよ。
 あと、車にもリンカーンってのあるけど」

「ふぅーん。」



そしてしばらく考えたのち、彼の発した言葉。



「じゃあ、リンカーン学校って何??」


瞬時に理解。そして大爆笑してしまった。


「リンカーン学校じゃなくて、林間学校でしょ?」



サッカーで泣いたり
息子の天然で笑い泣きしたり。

忙しい毎日です。
[PR]
by ckana-ex | 2006-06-27 22:19

夏の花粉アレルギー

数年前、私はアレルギー検査をした。
そのときの結果には
スギ、ヒノキの他に
イネ科植物 というのがあった。

初夏の雑草で ”カモガヤ” とか ”チモシー” などがそれにあたる。

だからスギの季節が終わっても
アレルギーが治まらなかったんだ、とわかった。

息子も花粉アレルギーがあるが検査はしていない。
が、どうやら、息子もそれらしい。
しかも私より重症である。

サッカー練習を終えたある日の夜
ちょっと目をこすったら、とたんに腫れあがり、真っ赤に充血!
背中や腕、顔にジンマシン。
みるみる顔全体が腫れてきたが 試合後のボクサーか??? というほどであった。

翌朝、すぐに病院へ行ったら
「この時期だから、イネ科アレルギーだろうねぇ」 と言われた。

そして今度は風邪をひいたように 咳き込み始めたので
またもや病院へ。
「これもアレルギーからきてるようだね。」

夜の寝入りばななど、そりゃすごい咳き込み。
昼間もいったん咳が出ると止まらない。

私はそこまでひどくないけど
息子の方が重いんだなぁ・・・。かわいそうに。ごめんよ。

カモガヤ というのを調べてみたら・・・

    カモガヤはオーチャードグラスとも呼ばれ
    ヨーロッパから明治初期に導入された。
    その後、野生化するとともに、工事などで発生した法面などの
    緑化に利用され、広く路傍や草地に生育するようになった。
    植物体は柔らかく、葉の色はやや青みを帯びている。
    カモガヤは花粉症の原因植物として問題となっている。
    元々ヨーロッパでも「干草熱」などと呼ばれるような、
    花粉アレルギーがあったらしい。優秀な牧草であるが、
    花粉症の人にはやっかいな植物である。


ほんと。やっかいだよ!!
e0070777_0375795.jpg

これ、よく見るとそこらじゅうに生えてるし。
サッカー場に限らず、通学路沿いにも いっぱい生えてるぅ~!
あーぁ。

こうも書いてあった。

    カモガヤアレルギーは5月から8月にかけて現れます。
    特に子どもに多いような印象を受けます。
    戸外で遊ぶ機会が多いことも関係しているのでしょう。
    カモガヤ花粉症はスギ花粉症よりも数は少ないようですが、
    症状の強い場合が多いようで、喘息や皮膚炎を起こした人もあります。

そうそう。咳き込みかたはまるで喘息の発作かという激しさだし
足の膝裏をかきむしった跡はまるでアトピーのようだった。

カモガヤだけでなく、チモシー(オオアワガエリ)とかもアレルゲンだそうです。
これも公園ではよく見かけるよ~。

思えば息子は小さい頃からこの季節に原因不明のジンマシンが出てたなぁ。
あれもそうだったのかも。

夏草に負ける(かぶれる)体質なのはわかっていたが
そいうことだったのか、と9歳になって初めてわかった。

他にも私が把握していないアレルゲンがあるかもしれない。
ちゃんと検査した方がいいのかなぁ。
採血するって言ったら・・・きっとイヤがるに違いないけど。
[PR]
by ckana-ex | 2006-06-22 23:31

今年の夏休みは・・・。

息子が眼科に通い始めて、2年が経ちました。

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)
つまり、”逆さまつげ”。

両目の下まつげが 眼球に当たってます。
そのため、角膜に傷がつき 悪化したときは
痛み、まぶしい、などで 明るいところでは目を開けていられなくなります。

なので角膜保護の点眼が欠かせないのです。

しかも。
アレルギー もあるため、その点眼も。
その上!
最近は左目の視力がガタ落ち。
仮性近視の点眼も加わりました。

        その結果・・・。
e0070777_043774.jpg

目薬5種!!
             ①抗菌剤
             ②角膜保護剤(ヒアルロン酸)
             ③仮性近視用
             ④アレルギー性結膜炎用
             ⑤  〃 (とくにかゆい時用 ステロイド系)

おいおい・・・。である。
1つ点したら、次は5分以上空けて。
つまり5種類だと、20分はかかるのである。
一日4回の点眼タイム。
かな~り厄介です。

が。それでももう限界なようです。
逆さまつげ に関しては
この夏休みに手術を受けることになりそうです・・・。
子供は全身麻酔で行われるため、大きな病院を紹介され
入院になるそうです・・・。

上まぶたなら、まさに二重手術を施すことになるというこの手術。
下だとどうなってしまうの???
「アッカンベーしてるような目にはなりませんから」 と主治医。

まさにそこを心配してるわけだが
どんなになるのか・・・不安だ。不安だぁーーーっ!!

夏休みの予定も立てられないのかな。
[PR]
by ckana-ex | 2006-06-07 00:57